2014/09/16

漢方とパニック障害

驚き。
漢方って一体何なの?これ?





まず始めて1日目:
エネルギーに溢れている。
午前中からテキパキ家事用事買い物を済ませる。

4日目:カウンセリングに遅刻
洗面所でご機嫌に歌いながらお化粧を楽しみ、
ふと時計に目をやったら1:55pm。
カウンセリング2時からだけど?
うわーっ急がないと!
と普段なら切羽詰まって心拍数が上がり、
お腹をこわしてトイレに行きたくなるところ。
が、
「まあ仕方ないや、出来る限り早く着けるといいな」
と余裕。
不安発作、ゼロ。

5日目:外出前にお腹を下す。
責任を伴うイベントの前にお腹を下すと、もう大変。
外出が余計に怖くなり、車の中で何度も不安発作に見舞われ、
いつ大きなパニックが起るのか、もしトイレが見つからなかったらどうしよう、
などと、生きる事に疲れる程の気力と体力を使う。
が、
なーんにも思わなかった。
不安発作が起っていた日々を忘れたかのように、
まるで、違う世界に生きているかのように、
不安を感じられない。
その後
スーパーマーケットのレジに並んでいる時も
お腹がぐるぐる言い始めたにも関わらず、不安が込み上げて来ない。
余裕さえ感じている私。
買い物を済ませた後、トイレも行かず、
家まで帰って来れた。


かーーーーーんぽーーーーーー!

本当にびっくりしています。

人によって、症状によって、合う合わないがあるとは思いますが、
興味がある方は、是非試してみて下さい。
適当に薬局なんかで買うのではなくて、
専門家の方に症状を相談した方が確実です。
安くはないですからね。

しかし、漢方の中でも一番の生薬「冬虫夏草」
癌の特効薬と言われ、1kg100万円程で取引されるそうです。
可憐な緑の植物と思って画像検索したら、半分芋虫だった時のあのショック。
昔、人差し指大のカラフルな芋虫を口に入れられて以来、
芋虫の悪夢にうなされる程、芋虫恐怖症の私にとって、
冬虫夏草の姿はとても厳しい現実だったけれど、
パニックが無くなるなら何でもする。
悪魔に魂を売ってもいいとさえ思う程、それほどパニックって辛いのです。

私が飲んでいるものは、色んな生薬が調合されているのですが
この冬虫夏草も、あの有名なレイシも入っています。


不安発作0の記録を更新していきたいと思います。

抗鬱剤の前に、
漢方という選択肢を考えてみて下さい。


それでは、また。


Tomoko s/t Chico

0 件のコメント:

コメントを投稿